堀歯学博士監修 出っ歯&開口(オープンバイト)矯正治療ガイド

ロゴロゴ


2000を超える豊富な治療実績と、
15年以上の臨床で実証された安心のメカニズムで、他医院では不可能だった歯並びを、約1年で解決した事例を多数紹介しています。

※個人差があります。

バナー.gifバナー.gif

無料メール相談へ無料メール相談へ

費用について費用について治療期間について治療期間について無料メール相談無料メール相談無料カウンセリング予約無料カウンセリング予約失敗しない矯正歯科選び失敗しない矯正歯科選び

出っ歯・開口の原因出っ歯・開口の原因当院で行う矯正の特徴当院で行う矯正の特徴重心矯正®とは重心矯正®とはオリジナル診断方法オリジナル診断方法痛み抑制法痛み抑制法

ドクター紹介ドクター紹介著書紹介・関連リンク著書紹介・関連リンク医院概要・交通アクセス医院概要・交通アクセス日本全国ご来院マップ日本全国ご来院マップトップページトップページ

HOME > 咬み合わせにこだわった矯正

咬み合わせにこだわった矯正

悪い咬み合わせが引き起こす問題点

咬み合わせが悪いと、以下のような症状を引き起こす危険性があります。

  • 歯ぎしりの癖もないのに、歯が異常にすり減る
  • 精神的に抑うつ傾向となる
  • 全身に首や肩のこり、腰痛などの症状が出てくる
  • 消化が悪くなり、胃腸障害が起きる
  • 満腹中枢がうまく刺激されず、肥満になる
  • 食べ物がおいしく食べられない
  • クラウンやブリッジなどの補綴物が破損する
  • 義歯を入れたところの粘膜や歯肉が痛む
  • 歯の周りの組織が破壊され、歯槽膿漏となる
  • 顎関節症となる

「あご」の重要性

咬み合わせには、「あご」が深く関係しています。
咬み合わせは、

  1. 歯・あごの形(咬合形態)
  2. あごの位置(顎位)
  3. あごの運動(顎運動)

の3つが関係しています。

1の咬合形態は、歯と歯並び、あごの形のことです。
歯が傾いたり、出ていたり、歯並びがゆがんだりなどの異常は、口元だけでなく全身の健康に悪影響を及ぼします。

2の顎位は、あごの位置です。
あごの位置が悪いと、首の骨である頚椎の湾曲が異常になり、筋が異常に緊張するため、脳への血流障害を招きます。姿勢も悪くなり、様々な身体の不調を引き起こすことになります。

3の顎運動は、あごの運動のことです。
あごの運動には、限界運動(単に口を大きく開けたり、あごを前後左右いっぱいに動かすこと)・咀嚼・嚥下・発語などいろいろありますが、咬み合わせと健康に最も関係が深いのは咀嚼です。
咀嚼は、単に食べ物をかみ砕き、飲み込みやすくするだけでなく、口の中を刺激して各臓器の消化液の分泌を促します。また唾液を分泌させることで口の中を浄化します。さらに大脳を刺激して精神を安定させます。
ただし、異常な圧力や咬み合わせの悪い状態で咀嚼を続けると、歯周病や咬耗症(咬み合わせが強く歯が削れる症状)、顎関節症になることも少なくありません。

このように、あごに異常があると、全身の健康にも悪影響を及ぼす危険性があるのです。

あごがズレる原因

歯並びの悪さ

歯並びが悪いと、咬み合わせに不具合を生じることが多いため、あごがズレやすくなります。
また、歯と歯のすき間が大きいか、歯が内側に倒れている場合などは、舌を正しく動かせていないため、あごのズレだけでなく、しゃべり方がおかしくなることもあります。

悪い歯並び

悪い歯並び

悪い姿勢(猫背)

悪い姿勢の代表といえば、背筋が曲がって前かがみになる猫背です。
猫背になるとあごがズレるため、頭と肩の重心がズレ、首への負担が大きくなります。
このため、首や肩の周りが血行不良を起こし、こりが慢性化する可能性もあります。

悪い姿勢(猫背)

椅子に座っている時の姿勢

椅子に座っている時、腰、ひじ、ひざの角度は、それぞれ90度~100度になるのが理想です。
例えば、パソコンを使っていると、何時間も座りっぱなしのこともあります。
手前に書類などを置いて、猫背でキーボードをたたいていると、肩が不自然に前に傾き、背骨全体のカーブが崩れてしまいます。
さらに、あごが上がり、顔が前に突き出た格好となるので、腰に負担がかかります。また、血管が圧迫され、首から頭へ流れ込む血流が障害を受ける恐れがあります。

椅子に座っている時の姿勢

頬杖

頬を押さえつける頬杖は、頸椎とあごの関節にものすごい負担をかけます。
現代人はかむ筋肉があまり発達していないので、頬杖程度でも、あごをゆがませたり、奥歯の咬み合わせを悪くしたりするのに十分な力を持っているのです。結果的に頭蓋骨までゆがめてしまいます。
成長期のお子さんの頬杖には、特に注意が必要です。

頬杖

咬み合わせも改善する矯正治療

以上のように、あごのズレは咬み合わせにも影響します。
誤った矯正治療を行ってしまうと、あごがズレたまま歯の位置が固定されてしまい、咬み合わせの異常が解決できずに終わってしまう場合があります。

当院の矯正治療では、あごの位置の矯正と歯列矯正とに分けて、診査・治療を行っています。

無料メール相談無料メール相談

無料カウンセリング予約無料カウンセリング予約

こだわりの矯正治療
骨切りが必要と言われた方骨切りが必要と言われた方
抜かない矯正
咬み合わせにこだわった矯正咬み合わせにこだわった矯正
簡単にできる部分矯正(マウスピース矯正)簡単にできる部分矯正(マウスピース矯正)
お子様・赤ちゃんの矯正お子様・赤ちゃんの矯正
裏側矯正(フランス製・ハーモニーシステム)裏側矯正(フランス製・ハーモニーシステム)
写真で見る受け口矯正治療例
出っ歯の矯正治療例出っ歯の矯正治療例
開口(オープンバイト)矯正治療例開口(オープンバイト)矯正治療例

堀歯学博士 著書紹介

キレイになる顔のゆがみとり教室
キレイになる顔のゆがみとり教室
-HORI式B・Rプログラムでスッキリ小顔-

詳しくはこちら>>

顔が変われば、人生が変わる!!
顔が変われば、人生が変わる!!
-重心矯正歯科医のあくなき挑戦-

詳しくはこちら>>